吹田市交響楽団とは

吹田市交響楽団は昭和47年(1972年)発足した、 大阪府吹田市を拠点に活動する市民オーケストラです。
団員は約70名、ベートーヴェンなどの古典からマーラー、ショスタコービッ チなど後期ロマン派まで、幅広く取り組んでいます。
主な演奏活動は冬 と春の定期演奏会、夏のサマーコンサート、秋の室内楽演奏会などですが、そ の他にも年2回の合宿や市民音楽祭への参加も行っています。また、アマチュ アオーケストラ連盟に加入していて、年一回の大会には有志が参加しています。


吹響の歴史(発足)

吹田市には昭和35年頃アマチュアオーケストラ吹田市交響楽団が 活動していましたが、維持運営が難しくなり昭和45年頃活動停止 のやむなきに至りました。
その後、各地で吹奏楽が盛んになり始めた昭和47年、再び吹田市 にだれもが気軽に参加できる”心の泉”となるオーケストラをつく ろうではないか、との気運が盛り上がり、吹田高校管弦楽部のOBを 中心に、摂津市吹奏楽団の援助と、まったく不足していた弦楽器群に 才能教育研究会吹田支部の全面的協力を頂き、約35名で結成、”新生” 吹響はここに産声を上げました。

昭和47年4月デビューコンサート
シューベルト/交響曲第8番「未完成」他
昭和48年4月 第1回定期演奏会
ベートーヴェン/交響曲第5番 他
昭和58年JAO(日本アマチュアオーケストラ連盟)に加盟
昭和60年4月吹田市民会館(メイシアター)開設
開設記念演奏会「市民による第9」参加。以来、練習場と演奏会場をメイシアターに移動

(参考:創立20周年記念演奏会「吹響20年のあゆみ」より)